水彩「柿」手順

絵画教室で、描き始める前にプリントで渡した作成手順です。
昔の画像なので、粗い画像でごめんなさい。
そのうち描き直そうとは思っています。


こちらが見本の柿です。


最初にラフを描いていきます。
基本的に全体を描いて当たりをつけていきましょう。
細かいところは、全体を描いてから描き込んでいきます。


薄っすらと着彩していきます。

水彩は基本的に、
「淡い色を塗り重ねて濃淡をつける」
「白は画用紙の色をを残すことで表現」

というのが絶対条件なので(趣味で描く分には、こだわらなくても良いかもしれませんが)
まず、白に近い「黄色」などから置いていきます。

全体に徐々に塗り重ねていきます。
柿の光の当たっている部分を残しているのがわかるでしょうか。

こんな感じで完成です。

白は最悪、上から水で拭き取れる場合もあるので、無理しすぎないでも良いかも。
あまり気にしすぎて、ちまちま仕上げてしまうとアンバランスになってしまいますので
全体を見るというのが一番重要かな。

トップへ戻る