塗り作業 -パーツ分け- 初心者向けイラスト講座(犬耳少年)

※この記事は2007年当時のものです。現在このソフトは使用していないため、ご質問にはお答えできかねます。よろしくお願いいたします

パーツ分け

前までで、主線をマスクに変更しました。

こんな感じです。
見難いし、作業なんかやってられないので、
下に白いレイヤーをひきましょう。

レイヤーパレットで、新規レイヤーを作ります。
その時レイヤーの位置は、「元絵(非表示)」→「新規レイヤー」→「主線」この順にします。

そして、新規で作ったレイヤーに、塗りつぶしで白色を流します。
この時注意しなくちゃいけないのは、
ツールオプションの「サンプル結合」のチェックをはずしておく事
気になった人は一度、チェックを入れて塗ってみてください。どういうことかはすぐ分かるはずです(笑)



はい。では、見やすくなったところで、作業を再開していきます。
最初の作業は、パーツ分けです。
レイヤーに一個一個パーツ分けをしていきましょう。

とりあえず、「肌レイヤー」を作ります。
ただ単に、新規レイヤーで、名前を肌レイヤーにしただけです。これを、「白レイヤー」と「主線レイヤー」の間に置いていきます。他のパーツも同様にしましょう。

ここに、肌が出ている部分に色を塗っていきます。
この、アラームだと、顔だけですので、顔に塗ってきましょう。



まず、「主線レイヤー」を半透明にします。25%位。
何故かというと、塗っていく色が見えにくいから。
で、せっせとはみ出さないように、色を塗っていきます。

…邪魔くさいですか?

はい。でも、自動選択ツールで選択すると結構汚いんですよねー。
って訳で、自力でお願いします(爆)

まず、このやり方を覚えてください。

この、紅い★の位置でクリックします。その後、シフトを押しながら蒼い★の位置でクリックしてみましょう。

こんな風に直線が引けるんですよ。
さっき点を打ったところから、シフトを押しながら打った所までの直線って言うわけです。
つまり、これで、ピコピコ押していけば時間縮小で縁取りが出来ます。
左はその図です。赤で始まって、緑のところに点を打っていってます。


はい。出来ましたので、
塗りつぶしツールで一気に塗りましょう。
線と同じ色を選んで塗りつぶします。
(色選択は、まず、塗りつぶしツールで、シフトを押しながら左クリックしてください。取り込めます。)


出来ました。
目も、ついでに切り取ってみました。
・・・が、キャラ的に褐色じゃあダメなんで直しましょう。
[カラー → 調節 → 色合い/鮮やかさ]で、
お好きな色合いに調節しましょう。
塗りつぶしだと、塗り残しが出るので注意です。

では、今度は、「髪の毛レイヤー」を作って
同じ事をしていきましょう。



はい。出来ました。でも、あれ?下を見てください

分かりにくいけど、顔との境目は線引いてませんね。

どうして?

はい。ここでせっかく作った「肌レイヤー」を生かしましょう。
まず、主線レイヤーを非表示にします。
そして、塗りつぶしツールを選び、ツールオプションの「サンプル結合」のチェックを入れて塗りつぶすと…

はい。一気に塗りつぶす事が出来ました。
つまり、サンプル結合というのは、違うレイヤーに分かれていても、一つの画面としてみた時に、囲ってある部分を塗りつぶしてくれる機能です。
チェックをはずすと、そのレイヤーのみの範囲しか考えてくれません。どっちも便利なので、使いこなしてくださいね。
では、塗り残しを塗っていきましょう。

髪も完成しました。
では、他の部分も同じ容量でやっていってくださいね。




(バックというのは、オレンジ部分です。人物の周りの。人物部分には色がついていません。)









バックレイヤー

ジャケットレイヤー

髪レイヤー

OK

はい。お疲れ様でした。次からは影に入ります。

トップへ戻る