パーツ部分作業 -顔- 初心者向けイラスト講座(犬耳少年)

※この記事は2007年当時のものです。現在このソフトは使用していないため、ご質問にはお答えできかねます。よろしくお願いいたします

準備をしましょう

肌レイヤーの上にもう一つレイヤーを置いてください。
新規レイヤーで、レイヤー名を「顔影1」としましょう。
ブレンド モードを、「標準」から「乗算」にして影を付けていきます。

エアブラシツールで色を乗せて、
レタッチで伸ばします。さっきと同じです。

コレを伸ばすと…


こうなります。滑らかになるでしょ?


こうなりました。
でも、まだまだ、良くないので、いくつか影レイヤーを追加して納得がいくようにしましょう。


乗算レイヤー

あと、「乗算」レイヤーでは、明るい色が入りません。
標準レイヤーも追加して、
光も入れていきましょう。


光レイヤー(見えやすいように背景を黒にしています。)



はい。出来ました。

はみ出し修正



はみ出し部分は、
「肌レイヤー」を選択し、
自動選択ツールを使って、
透過部分の範囲を全て選びましょう。
その後、はみ出たレイヤーを選択し、「右クリック→切り取り」を選びます。
すると、すっきりしました。


目を塗っていきます。
目には、黒目と白目がありますが、一つの球体として
考えていく事も大事です。
まぶたの下には影を落としましょう。

で、そこまでは、顔の影で一緒にやっちゃったので黒目からはじめます。
新規レイヤーを、乗算で作って、黒目を塗っていきましょう。


エアブラシツールで色を乗せて、レタッチで伸ばします。
そうすると、こうなります。


次に、目の透明感を出します。

新規レイヤーを、「覆い焼き」で作って、塗っていきましょう。
伸ばすときに、目の虹彩(アイリス)を意識して伸ばすとカッコよくなります。


最後に、新規レイヤーを、「標準」で作って、光を入れると…
出来上がりv

OK


顔は完成しましたvv
はい。お疲れ様です。次からは髪に入ります

トップへ戻る