パーツ部分作業 -背景- 初心者向けイラスト講座(犬耳少年)

※この記事は2007年当時のものです。現在このソフトは使用していないため、ご質問にはお答えできかねます。よろしくお願いいたします

背景

背景なのですが、今回のこのイラストは
背景が必要ありません。なので、簡単にします。

まず、オレンジの「バックレイヤー」を非表示にします。
白レイヤーの一つ上に、新規レイヤーを作ります。
まず、ざっと、イメージカラーを流し込みましょう。

そして、その上にもう一枚、新規レイヤーを重ねて、漠然とイメージを描いていきます。

出来たら、レタッチで伸ばしていきましょう


…気がついたら、
趣味に走りすぎていました…(汗)

えっと、とりあえず、普通に塗っていきますと、何かしらの背景は出来上がってしまうもんです。
実際、考えて描いた訳ではありません。

ですが、コレはコレでいいとして、人物にあわせなければならないわけです。

こんな事になってしまっています。
どう見ても、変です。


まずは、一体化している背景と人物の間に隙間を作ってやりましょう。
やり方は簡単です。
まず、現在作った、怪しげな背景イラストレイヤーの上に新規レイヤーを作ります。
オレンジの「バックレイヤー」の、非表示部分(人物の部分)を
自動選択レイヤーで囲い、塗りつぶしツールで、白を流し込みましょう。
この時、自動選択ツールの、平滑度を、1以上にしてください。これは、範囲を余分に取るという意味ですので、ご自分のお好きな数値を入れると良いでしょう。


次に、明るさと鮮度を変える事にしましょう。
[カラー → 調節 → 色合い/鮮やかさ]で、
明るさと、鮮度を低くし、その後、
[効果→テクスチャ効果→テクスチャ]
で、テクスチャを貼りました。

大分、マシになってくれましたが、このままではボケすぎているのでブラシツールで細部を書き込みます。

はい。出来ました。

今回は、何も新しいことをしていないのでこの辺で終了します。

OK


はい。お疲れ様でした。次からは修正に入ります。

トップへ戻る